ようこそ桂馬が好き
きょうもお越しくださり有難うございます。

将棋は相手の玉を詰ますことで、勝利を手にするゲームですから、大いに楽しんでいただきたいと思います。




引き続き、玉を詰ます技を駒ごとにご案内してまいります、

将棋の面白さがお伝えできるようにアップしていきたいと思います。




今回は、銀を使って玉を詰ますことをご紹介します。

駒の動きと特徴を攻撃側、守備側から見てまいりましょう。

次の局面をご覧ください。

玉を銀で詰ます
3手詰(自作)

持ち駒:先手 銀、歩
     後手 盤上以外の駒の残り
     すべて。
ヒント:どちらの駒を残すか?
正解は下記で。











駒の動かし方はこちらでどおぞ(^^♪


はじめての将棋手引帖第1巻
中倉彰子
株式会社いつつ









   ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+


玉を詰ます楽しみがわかっていただけましたでしょうか?
面白さが伝われば幸いです。

<正解>
玉を銀で詰ます1-2☗22歩
☖同銀
☗32銀打ち
まで3手詰め(右図は詰み上がり)。


手順前後して銀で王手をすると詰みません。
銀は玉を詰ますために残しておきます。

22歩に対して、玉側は同銀のほかに手立てはありません。
銀の弱みとして、駒の横と下に動けませんから金との違いが明確です。

そこで、銀の利きの弱点を狙って、歩で王手してから守りの銀を移動させてから、〔32銀打ち〕が決め手になります。


今回は3手詰でしたが、隙間時間に次の書籍はいかがでしょうか?


三手の読み
を生かしてお互い楽しみながら腕を磨いていきましょう。

先ずは、3手(先手➡後手➡先手)を読み、3手詰に慣れてきたらその延長で、
5手詰~7手詰と進んでいけば着実に棋力がアップされることでしょう。


3手詰ハンドブック〈2〉
浦野 真彦
浅川書房
2013-05-01




1手詰ハンドブック
浦野 真彦
毎日コミュニケーションズ
2009-11-25


 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ




3手ハンドドトール引き続き、香、金、角、飛車と、順次ご案内してまいりたいと思います。

どおぞ、お楽しみに(^^)/

よかったら、交流しませんか?

併せ、拍手や評価とともに一言、コメントを
お気軽
にどおぞ(^^♪



最後までお目を通してくださり有難うございました。


ではまた、ごきげんよう(^_-)-☆