ようこそ桂馬が好き
きょうもお越しくださり有難うございます。

将棋は相手の玉を詰ますことで、勝利を手にするゲームですから、大いに楽しんでいただきたいと思います。










今回は、飛車を使って玉を詰ますテクニックをご紹介します。

3手詰めになりますが、次の局面をご覧ください。


玉を詰ます一間飛車3手詰(自作)

持ち駒:先手 飛
     後手 盤上以外の駒の残り
     すべて。
ヒント:どこに打つか?
正解は下記で。















駒の動かし方はこちらでどおぞ(^^♪


はじめての将棋手引帖第1巻
中倉彰子
株式会社いつつ









   ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+



<正解>
玉を詰ます一間飛車2▶初手☗32飛

この手は、

「一間飛車」

と呼ばれています。

これは、縦一列(一マス)を離してを飛車を打つことを意味します。

この先どうなるかは次で。

攻め手側の王手に、玉側は
①合い駒をする
②玉を逃げる

この二手が考えられますが、今回は、〔22〕の合い駒は利きませんので、

二手目は、玉が逃げることになります。

玉を詰ます一間飛車2-1▶2手目☖13玉(右図)










そこで、1間飛車とした手が発揮されます。

22飛車成

直接的な王手の〔22飛〕では、玉を詰ますことが出来なかったことが
実現しました。


▶3玉を詰ます一間飛車3手目☗22飛成。
これで、玉はどこへも逃げ場はなく、3手までの詰みになります(右図)。











ブログのタイトルでも、桂馬を働かせる手法として控えて打つことを記述していますが、
飛車も同じように、一間控えて打つことで玉を詰ますことが可能になります。


玉を詰ます面白さが伝わってますでしょうか?
興味を湧いていただけたら幸いです。

お気軽にコメントをお寄せください。

楽しみにしています(。・ω・。)ノ♡


今回は3手詰でしたが、隙間時間に次の書籍はいかがでしょうか?


三手の読み
を生かしてお互い楽しみながら腕を磨いていきましょう。

先ずは、3手(先手➡後手➡先手)を読んでみましょう。

なお、この「3手の読み」という言葉ですが、亡き原田泰夫九段(元日本将棋連盟会長)の名言です。

原田泰夫【略歴】
生年月日:1923年3月1日
出身地:新潟県
師匠:(故)加藤次郎名誉九段
引退:1982年11月1日
享年:81歳













3手詰ハンドブック〈2〉
浦野 真彦
浅川書房
2013-05-01




1手詰ハンドブック
浦野 真彦
毎日コミュニケーションズ
2009-11-25


 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ




3手ハンドドトール引き続き、金、をご案内してまいります

どおぞ、お楽しみに(^^)/

よかったら、交流しませんか?

併せ、拍手や評価とともに一言、コメントを
お気軽
にどおぞ(^^♪



最後までお目を通してくださり有難うございました。


ではまた、ごきげんよう(^_-)-☆