ようこそ桂馬が好き
きょうもお越しくださり有難うございます。

将棋は相手の玉を詰ますことで、勝利を手にするゲームですから、大いに楽しんでいただきたいと思います。



将棋の面白さがお伝えできるようにアップしていきたいと思います。





今回は、次の一手(3手詰)です。

ご一緒にチャレンジしてみましょう。

次の局面をご覧ください。


次の一手1次の一手(自作)

持ち駒:先手 金、桂
     後手 盤上以外の駒の残り
     すべて。
ヒント:駒の動きの特徴を生かす。
    3手詰めですから、よかったら玉を詰ましてみましょ
    う。

正解は下記で。











駒の動かし方はこちらでどおぞ(^^♪


はじめての将棋手引帖第1巻
中倉彰子
株式会社いつつ









   ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+


玉を詰ます楽しみがわかっていただけましたでしょうか?
面白さが伝われば幸いです。

<正解>
次の一手1-1初手☗34桂(右図)














次の一手1-22手目☖12玉
3手目☗22金(右図は詰み上がり)。
まで腹金で3手詰め。












では、次に玉の逃げ方を変えてみましょう。


次の一手1-32手目31玉ではどうでしょう?
3手目☗42金で詰みました(右図)。

ということは、問題図で先手が金、桂を持ち駒にあったら、後手玉は詰めろがかかっている、
と言えます。

持ち駒に何があるかを考えながら将棋を指すと、玉を詰ます面白さも増して上達も早いかと思います。







今回は、「次の一手」をご案内しましたが、隙間時間に次の書籍はいかがでしょうか?


三手の読み
を生かしてお互い楽しみながら腕を磨いていきましょう。

一手詰めを卒業したら、3手(先手➡後手➡先手)を読んで、3手詰をどおぞ


3手詰ハンドブック〈2〉
浦野 真彦
浅川書房
2013-05-01





1手詰ハンドブック
浦野 真彦
毎日コミュニケーションズ
2009-11-25


 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ




3手ハンドドトールよかったら、交流しませんか?

併せ、拍手や評価とともに一言、コメントを
お気軽
にどおぞ(^^♪








最後までお目を通してくださり有難うございました。

ではまた、ごきげんよう(^_-)-☆