ようこそ桂馬が好き
きょうもお越しくださり有難うございます。

将棋は相手の玉を詰ますことで、勝利を手にするゲームですから、大いに楽しんでいただきたいと思います。


サイドバー・アンケート【プロフィールの要否】についてご協力をお願いしたいと思います。

コメントもいただき、たいへん有難く、嬉しく思っています。

ライブドアブログさんでは、今年4月プロフィールのリンクを廃止していますので、メニューバーで我がホームページ【小太刀の迷手】からご紹介することにしています。




さて、将棋の味を楽しみながら日々お伝えできるようにアップしていきたいと思っています。

今回は、日本将棋連盟から配信している「3手詰」の問題です。
これまでの三手の読みを生かして玉を詰ましてみましょう。

まいにち詰将棋

では、問題です。次の局面をご覧ください。


問題【次の一手】(自作)

一手スキ<持ち駒>
先手:銀
後手:なし

ヒント:詰めろをかける。
    
正解は下記で。

















駒の動かし方はこちらでどおぞ(^^♪


はじめての将棋手引帖第1巻
中倉彰子
株式会社いつつ









   ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+


玉を詰ます楽しみがわかっていただけましたでしょうか?
面白さが伝われば幸いです。


一手スキ問題図再掲
正解:初手☗21銀打ち(右下図)
これで詰めろ。
問題図で、銀1枚では玉を詰ますことができませんから次の手で「一手スキ」を考えたい。

そこで、

21銀が好手です。
このままでは、32馬で詰みになります。


なお、32銀の腹銀では詰めろになっていません。







一手スキ2【☗21銀打ち】
















32馬【☗32馬】
で詰み(右図)。















【一手スキ】
相手の玉に詰みがない、詰みを発見できない場合、「自玉に詰みがないなら、
【次の一手】で詰ましますよ】と相手にプレッシャーをかけること。


今回は、「一手スキ」についてお話ししました。
勝つためには、詰めろ、詰めろと迫っていくことが大事になります。

詰めろをかけている間は少なくとも負けはありませんし、勝ちに近づいていくことでしょう。



通勤時間など隙間時間に次の書籍はいかがでしょうか?

三手の読み
を生かしてお互い楽しみながら腕を磨いていきましょう。

一手詰が卒業できたら、3手(先手➡後手➡先手)を読んで、3手詰をどおぞ(^^♪


3手詰ハンドブック〈2〉
浦野 真彦
浅川書房
2013-05-01





1手詰ハンドブック
浦野 真彦
毎日コミュニケーションズ
2009-11-25


最後に必見!!勝つための将棋
「序盤の戦い方、戦法を学ぼう」というテーマでも記述があります。
コラム【駒の価値】は、興味深い内容かと思います。
 ↓ ↓ ↓






 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ




3手ハンドドトールよかったら、交流しませんか?

併せ、拍手や評価とともにご感想を一言いただけたら嬉しく思います。
お気軽
にどおぞ(^^♪








最後までお目を通してくださり有難うございました。

ではまた、ごきげんよう(^_-)-☆

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○